植毛LAB
ARTAS(アルタス)植毛への道

髪が豊かにあった、あの頃へ。 自分の髪が生えてくる、自毛植毛とは!?

  1. 髪が豊かにあった、あの頃へ。 自分の髪が生えてくる、自毛植毛とは!?
髪が豊かにあった、あの頃へ。 自分の髪が生えてくる、自毛植毛とは!?

植毛のお悩み解決

2018.12.05

薄毛で悩む人の中には、「ここにたくさんある髪の毛を、薄い部分に移動できたらいいのに」と思ったことがある人も相当数いるのではないでしょうか? 前髪や頭頂部といった部分は薄毛なのに、後頭部はしっかり毛が生えている状態の人はとても多く、ある部分だけ、集中して脱毛が進行することがよくあります。いまある髪の量をバランス良く配分する。それを医療の力で叶えるのが自毛植毛です。

なぜ薄毛になってしまうの?

薄毛の原因の大半を占めるのがAGA(男性型脱毛症)です。AGAとは、遺伝や生活習慣、男性ホルモンの影響から前髪や頭頂部を中心に脱毛が起きる症状です。通常ヘアサイクルは発毛期、成長期、退行期間を経て新しい髪の毛に生え変わるのですが、男性ホルモンの一種が、髪の根元にある毛乳頭細胞受動態と結合してしまうと成長期の段階で、毛髪の成長が止まり、そのまま髪が抜けてしまうという現象を招きます。その受動態がある場所が前髪や頭頂部のため、M字ハゲになったり、そこばかり薄毛が進行したりするのです。

AGAが原因の薄毛は進行性ですので、そのままにしていたら脱毛の進行は続きます。内服薬や外用薬による治療も有効ですが、それでも効果が見られない人には、その後の選択肢として植毛という治療があります。

自毛植毛とはどんな治療

通常植毛には、人工の毛を使った人工植毛と自分の毛を使う自毛植毛があります。近年は拒絶反応が起こりにくく、メンテナンス不要で自分の髪の毛として生え続ける自毛植毛が主流となっています。しかし、どんなに自毛で植毛したいと願っても、ドナーとなる毛根がある程度採取できる人にしか施術できない方法です。その点、後頭部の毛がしっかり残っているAGAによる薄毛の人は自毛植毛に適しているというわけです。

自毛植毛の具体的な施術行程は、大きく分けると「毛根の採取」「スリット(植える穴)作成」「毛を植える」という3つです。この3行程をいかにスピーディーに、そして丁寧に行えるかによって自毛植毛の定着率は大きく変わってきます。

行程1 毛根の採取

局所麻酔後、ドナーとなる毛根の採取を行います。毛根の採取方法は、頭皮を帯状に切り取る「FUT法」(ストリップ法)と1本1本採取する「FUE法」の2つです。施術後に痛みや傷が残らない「FUE法」は負担が少ない代わりに、手作業の場合、医師の技術に大きく左右されます。

行程2 スリット作成

局所麻酔後に毛を植える、毛穴となるものを作ります。どこにどう植えればナチュラルで、10年後、20年後も違和感ないヘアースタイルを維持できるかはこの行程で大きく左右されます。

行程3 毛を植える

採取された毛根は2~3本ごとに1つの作成した毛穴に植えられます。この単位をグラフトと呼び、グラフト数は本人の薄毛の状況、希望数をもとに算出されます。新しく植える毛は後頭部から採った毛のため、時間を経ても男性ホルモンの影響を受けにくいというメリットがあります。

この3つの行程の施術時間は、植える量によって異なりますが、通常1行程2時間、全工程6時間程度かかります。長時間に及ぶ施術は同じ姿勢をとり続ける患者様にとっても負担の大きいものであることは否めません。そのため、ルーチェクリニック では、少しでも患者様の負担を減らすべく施術時間短縮が叶うロボットによる植毛手術を行っています。

最新ロボット、アルタスiXで行う自毛植毛

ロボットが手作業より優れている理由は、そのスピードだけではありません。長時間かかる採取やスリット作りはどうしても医師側にも疲労が生じますが、ロボットならば高いクオリティを保ったまま作業効率を落とすことのなく進めていくことができます。他にもどの行程においてもメリットがあります。

ロボット治療の優位点

毛根の採取

毛が途中で切断されるようなミスもなく、採取後の傷跡もとても目立たないものになります。

スリット作成

数百から数千の穴すべてをムラなく最適な深さで作ることができます。また、ショックロスと呼ばれる植毛後1ヶ月ほどで植毛した周辺の毛が抜ける症状を避けるべく、既存の毛根を傷つけにないよう精密にスリットを作ることが可能です。

毛を植える

毛根を傷つけないように、インタープロという特別なマシンでやさしく包んで植えます。

ルーチェクリニックで使用するロボットは、既存の植毛ロボットアルタスが進化した、アルタスiXです。メインパーツがアップデートしたことにより、今まで以上に繊細でフレキシブルな動きが可能です。すべての行程において、より正確で確実に、スピーディに施術が進行するため、植毛した髪の毛の定着率が十分に高かった以前に比べてもさらに上がっています。アルタスiXによる施術で、負担を少なく、より高い効果の植毛を受けていただくことができます。

施術後の経過は? いつ生えてくるの?

最大限の配慮を行ったルーチェクリニックの植毛法ですが、気になるのは施術後どういう経過をたどるかということではないでしょうか。植えた髪の毛は1ヶ月ほど経過すると一旦脱毛をします。その後、髪の成長期を待ち、3ヶ月から1年かけて徐々に生え揃います。そのため、突然髪の毛が増えるような違和感もなく、気がついたら髪の毛が増えていたというような治療経過です。

1週間後 採取した場所も植えた場所も赤みが引き、違和感も感じません

1ヶ月後 植えた髪の毛が1度抜けますが、毛根は定着して髪の毛の成長期を待ちます。

3~4ヶ月後 抜けた髪の毛が、生え揃い始めます。

半年後〜一年後 自分の髪の毛としてお好きなヘアスタイルを楽しむことができます。

治療後はメンテナンスも必要なく、移植した髪も自分の毛として洗髪もヘアセットも行えます。ただし、植毛をしてもAGAそのものは治るわけではありません。その後の薄毛予防のためにもAGA治療薬の服用継続はおすすめしています。

採取した場所の髪の毛は生えてくるわけではないので、髪の総量は変わらないながらもバランスが良くなることで、今まで諦めていたお好きなヘアスタイルを楽しむこともできます。また、生えてくる髪の毛は本来の自分の髪の毛なので髪質も同じで違和感もなくおでこや、生え際も自然です。

カツラでも増毛でもない自毛植毛は、望む場所にもう1度自分の髪の毛を取り戻すことが可能です。相応の費用も時間もかかりますが、デリケートでストレスフルな悩みを根本的に解消してくれる唯一無二の治療法と言えるのではないでしょうか。

この記事をシェアする

PAGETOP