植毛LAB
ARTAS(アルタス)植毛への道

植毛の費用・値段の4大お悩み部位別比較!

  1. 植毛の費用・値段の4大お悩み部位別比較!
植毛の費用・値段の4大お悩み部位別比較!

植毛のお悩み解決

2018.11.20

自毛植毛手術の費用は1株いくら、が計算の基本になることが多いです。植えたい面積と最適な密度から必要な株数を計算します。必要な株数は植毛をしたい部位やおでこの大きさ、薄毛の面積によります。

 

典型的な植毛部位

典型的な植毛受けたい部位は以下の4つです。

1.M字
2.M字が進行して生え際がかなり上がった状態
3.頭頂部
4.M字と頭頂部の両方

それぞれの部位がどのくらい株数が必要で、いくらになるかみてみましょう。

部位別費用値段解説@ルーチェクリニック

おでこのM字植毛の値段・費用はいくら?

M字の薄毛の範囲や、生え際をどの程度下げたいかで面積は変わってきますし、クリニック毎に料金設定は異なるので一概には言えませんが、費用は約30万円~200万円ぐらいといえます。必要になる株数はおよそ700株~1200株程度です。毛の本数に換算すると約1700本~3700本程度になります。M字の毛が薄いところだけではなく、もともとある毛(既存毛)の間にも植えて、植えた毛からもともとある毛にグラデーションになるように植えていった方が自然になります。奥までしっかり植えてあげることが大切です。

 

M字が進行して生え際がかなり上がった状態

どのていどまで生え際が後退しているか、どの程度までカバーしたいか、またクリニックによって費用の計算方法は違いますが、おおよそ費用は約40万~300万円と思われます。モニター様料金やオプション設定などにも左右されますので目安と考えてください。必要になる株数は1200株~2000株程度です。場合によってはもっとかかるかもしれません。本数に換算すると約1600本~4000本程度になります。範囲が広くなると値段も高くなってしまいますが、採取部位(ドナー部)の毛が十分にかるかどうかも問題になってきます。後ろの毛を取りすぎて後頭部が薄くなってしまってはいけないので、診察で予定の株数をとっても薄くならないかどうかは確認した方がよいでしょう。

 

頭頂部の値段・費用はいくらぐらいか?

頭頂部は残っている毛の細さや密度によって、植毛する面積も異なってきます。またクリニックのコストの決め方にもよるところがありますが、およそ約30万円~約200万円です。頭頂部をカバーするための株数は約500株~1200株です。本数に換算すると約1200本~3000本になります。頭頂部にはつむじがあります。つむじ事態にも、つむじ周囲にも植えてあげると自然になります。その際、毛の方向は渦巻き状になっているので、毛の向きに注意しながら植える必要があります。

 

M字から頭頂部まで全体だといくらになる?

おでこからつむじを超えて後頭部まで、広範囲に植毛を行いたい場合、かなりの株数が必要となります。時にはロボットでも、手で行う方法でも、切る方法でも、植える毛が足りないことが起こりうることもあります。その場合はバランスを見ながらどこを重点的に植毛していけば自然にボリュームが得られるかを、患者様のご希望と照らし合わせながら決めていく必要があります。広範囲の植毛の場合、個人差や医療施設によりますが、おおよそ約50万~400万円と思われます。株数が膨大になることも考えられるので、道具や様々な薬液も多量に使用することが予想されます。必要となりうる株数は約1200株~3000株です。毛の本数に換算すると約2500本~7000本程度です。場合によっては4000株~5000株にまでおよぶことがあります。いわゆるメガセッションですが、後頭部の毛が十分にあればできるかもしれません。しかし毛をとればとるほど後頭部は薄くなりますし、切る方法では傷跡も残りやすくなります。医師としっかり相談する必要があります。

植毛料金部位別@ルーチェクリニック

分け目やつむじ、なんとなく薄いところに植えたい

明らかに頭皮が見えていて、明らかに毛がない、そこまではいかないけど以前に比べるとなんとなく薄くなっている気がして、そこを植毛で埋めたい。そういったご要望をうけることもあります。特に女性の薄毛で多いご要望です。一見毛はあるのですが一本一本が細くなってきているのでなんとなくボリュームが足りない感じがするような状態です。このような状態でももともとある毛と毛の間に植毛をすることができます。毛が細くなっていても、その隙間に後頭部の太い毛を植毛してあげることでボリュームアップにつながります。この場合密度は沢山は必要ありません。ほどほどの密度にしておかないと定着率は逆に下がってしまいます。広めにまんべんなく散らす感じで植えていきます。

 

面積が大切か、密度が大切か?

植毛費用はある程度かかってしまいます。予定のご予算もあると思います。気になる範囲が広い時、まばらに植毛してできるだけ広い面積を植毛したほうがいいのでしょうか?それとも密度は維持して面積は我慢した方がいいのでしょうか?ケースバイケースなところはありますが、答えは多くの場合、密度はしっかり維持して面積を我慢した方が満足度は高いと言えます。例えば取れる毛も少ない、でも植えたい範囲は広い。そのようなときはなんとなくまばらに植えるより、頭頂部中心、もしくは生え際から上の方あたりを中心に、のようにどちらかによせてしっかりと密度を維持した方がよいでしょう。まばらにうえてしまうとスカスカ感がでてしまい、手術後も気になってしまいます。おでこよりか、頭頂部よりか、どちらかによせて密度をしっかりキープしましょう。

 

部位による値段・費用のまとめ

植毛する部位によって株数はかわります。希望の範囲や密度の希望をしっかり伝えることが大切です。また支払い方法もクリニックによってはクレジットカード払いや医療ローンなどがあります。まずは理想のイメージに近づく髪型をしっかり医師と相談して決めていくことが大事ですね。

この記事をシェアする

PAGETOP