植毛LAB
ARTAS(アルタス)植毛への道

植毛で抜ける毛がある?!自毛植毛後に毛が抜ける2つのリスク

  1. 植毛で抜ける毛がある?!自毛植毛後に毛が抜ける2つのリスク
植毛で抜ける毛がある?!自毛植毛後に毛が抜ける2つのリスク

植毛のお悩み解決

2019.07.13

植毛手術は一生生え続ける手術

植毛手術は毛が生える手術です。飲み薬や塗り薬はやめてしまうと徐々に戻ろうとしてしまいます。その点、植毛手術は定着した毛は一生生え続けます。しかし植毛が完成するその過程で毛が抜けてしまう2つのリスクがあります。

 

植毛で毛が抜ける2つのリスク

毛が抜けてしまう理由は次の2つです。

  • 手術後約1か月後
  • ショックロス

この2つについて詳しく見てみましょう。

植毛抜ける4@ルーチェクリニック銀座院

植毛で毛が抜けるリスク①植毛後1ヶ月で毛が抜ける

自毛植毛手術後1か月後は植えたが毛が抜けてしまいます。これは残念ながら全例に起こることです。植毛手術の経過の1つと言えます。しかし抜けるの毛のみきの部分、正確に言うと「毛幹」の部分です。毛根部分、いうなれば毛の種、正確に言えば「毛乳頭」は頭皮に残ります。種はしっかり残って定着するので、毛が新たに種から生えていきます。

 

植毛した毛が1度抜けてしまうのは、成長期から休止期に入ってしまうから

なぜせっかく植毛した毛が抜けてしまうのでしょうか。毛には本来、毛のサイクル「毛周期」というものがあります。成長期(毛が伸びる時期)➡退行期(毛の成長が停止する時期)➡休止期(種だけになり冬眠している時期)➡成長期➡退行期➡・・・・・のように繰り返しているのです。頭の毛の約90~95%は成長期の毛と言われています。植毛手術では、成長期の毛を抜いて植えます。この成長期の毛を抜いた時、成長期だった毛は、血管から切り離されしまうので退行期、休止期に入ってしまいます。血管から一旦切り離されてしまうので、成長させるだけの余力がなくなってしまうわけです。そのため、植毛後1か月程度で植えた毛が抜けてしまうのです。

 

植毛後1ヶ月の毛が抜けた状態はどんな状態?

一言でいうと、植毛する前の状態に戻った、という印象です。元の状態に戻ったように見えます。前髪があれば隠れた状態になっているので全く周囲からみえることがないので見た目には気にならないかもしれません。

 

3か月~6か月後に生え始めるとわかっていても抜けると心配、、、

植毛後1か月後に抜けた毛は3か月~6か月後に生え始めます。しかし、生え始めるとわかっていても植毛後1ヶ月目は不安になる時期です。やはりお風呂に入った時や枕に植えた毛がぽろぽろあるとみなさん心配になります。この期間を超えて3か月~6か月ごろになると効果実感がわいてきます

植毛抜ける@ルーチェクリニック銀座院

植毛で毛が抜けるリスク②ショックロス

「ショックロス」とは、自毛植毛後に、もともともある毛が一時的に抜けてしまう状態です。

早ければ3か月後、長い方ですと6か月から1年程度かかる方もいらっしゃいますが、元に戻るものです。もともとある毛(既存毛)が抜けてしまうので、これも非常に心配になってしまいます。ですが徐々に元に戻ってきますのでケアをしながら待つことが大切です。

 

ショックロスはいつ起きる?

個人差がありますが、平均的に見ますと植毛後1ヶ月~4か月ごろに起きることが多いようです。中には早く始まる方もいて、植毛後10日~2週間程度で起こるかたもいらっしゃいます。どのかたも手術後4か月~6か月程度経過すると抜け毛の量は元の状態に戻ります。

 

ショックロスはなぜ起こる?

ショックロスの原因は完全には解明されていません。手術後の炎症反応などが影響している等諸説あるようですがまだわからないことがあります。しかし傾向としていえることは、もともたくさん毛がぎっしり生えているところに、さらに無理して植毛を行った場合に起こりやすいといえます。ぎっしり毛がはえているのに毛を植えてもっと高密度になると、1本1本の毛が、血管からもらえる栄養が減ってしまうのかもしれません。

 

ショックロス減らす方法は?

まずは気になっていたとしても無理して高密度に植えすぎないことが大切です。地肌がみえていたとしても、毛の密度としてはある、毛の1本1本が細くなっている、このような時は場合によっては内服薬や外用薬が有効なこともあります。毛が太くなれば地肌は隠れるからです。このあたりの線引きは診察によって判断することになります。また、毛を植える穴や切れ目(マイクロスリット)を作る際に、当たり前ですが既存毛を丁寧に避けながら行うことも大切です。

 

ショックロスで抜けた毛は戻るの?

植毛によるショックロスで抜けた毛は戻ります。時間がかかる場合でも、周囲の皮膚が落ち着いて、ショックロスが起きた毛のヘアサイクルが整ってくるとやはり戻ってきます。

 

ショックロスを早く治す方法はある?

これなら確実、というものは残念ながらありません。しかし、ミノキシジルやフィナステリドを塗ったり飲んだりすることは効果があるという説もあります。これらのお薬にはAGAから毛を守ってくれたり血行促進や毛の成長を促す働きがあるので、少なくとも一定の作用を期待できると考えらます。しないよりはしたほうがいいので、一つの有効な改善方法といえるでしょう。髪型などでカバーすることもよいと思います。

植毛抜ける2@ルーチェクリニック銀座院

まとめ

植毛後に毛が抜けるリスクをお分かりいただけましたでしょうか。植毛後1ヶ月に抜ける、ショックロスで抜ける可能性の2つがありますが、大切なことはどちらも戻るということです。不安な時期にはなると思いますが、そこを超えるまでは内服や外用剤でサポートしながらより早く立ち直ることができるといいですね。

 

この記事の医療監修医師

このページは医療に関わる専門的な内容になっています。そのため、医師免許を持った加藤晴之輔院長をはじめ、日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有するルーチェクリニック医師陣が監修し制作しております。

記事総監修医師:加藤晴之輔

ルーチェクリニック

<総院長略歴>

  • 岐阜大学医学部卒
  • 東京大学大学院医学博士
  • 医療法人社団光美会 理事長
  • ルーチェクリニック銀座院院長

<代表的な資格>

 

この記事をシェアする

PAGETOP