植毛ロボットARTAS9x

~ここが違う!「アルタス9x」はここが進化した!~

アルタス9xは旧式アルタスと何がちがうのか?

そもそもメインパーツが違う!
メジャーアップグレード。

ロボットアームが長くなった!
ロボットヘッドが小さくなった!

すなわち、よりフレキシブルで
繊細な動きが可能になった!

ARTAS9xなら
ロボットアームが長くなり、ロボットヘッドが小さくなることは、ロボットの可動性が高まる意味しており、1本1本の毛髪の角度や向き、深さ等により繊細に対応できるようになりました。
更に愛護的に毛髪をとることが可能です。
  • 小さくなったロボットヘッド
  • 長くなったロボットアーム

Harvesting(ハーベスティング)のグレードアップ

Harvesting(毛を採る)のグレードアップ その①

ARTAS9xなら

<Speedが速くなり負担軽減!>

ARTAS 9x は旧式アルタスより 20%早くグラフトを採取することができます。 患者様とグラフトと採取部位への負担が更に減りました!

Harvesting(毛を採る)のグレードアップ その②

精度が高まり、より良質なグラフトが採取可能!

<精度が高まり、より良質なグラフトが採取可能!>

ARTAS 9x が認識するカメラはカラーカメラです。
旧式アルタスは白黒カメラです。認識できる情報量に差が出ます!

  • < 旧式 > 白黒認識
    < 旧式 > 白黒認識
  • < アルタス9x > カラー認識できます
    < アルタス9x > カラー認識できます

Harvesting(毛を採る)のグレードアップ その③

ARTAS9xなら

<手作業がまた一つ減った。自動認識Yellow tensioner (新型自動認識テンショナーシステム)>

ARTAS 9xのテンショナーシステムは自動認識できるようになりました。
旧式の色はグレー、アルタス9xは黄色です。
アルタスのロボットヘッドが新型テンショナーを自動認識、追尾します。

新型自動認識テンショナーシステム
新型自動認識
テンショナーシステム

Harvesting(毛を採る)のグレードアップ その④

<Harvesting Needleが細くなり、傷跡は更に目立たない!>

毛を採取する針が更に細くなりました。
毛は綺麗にとることができ、 且つ、毛を採取した部位の傷跡が更に目立ちにくくなりました。

Harvesting Needleが細くなり、傷跡は更に目立ちません

Harvesting(毛を採る)のグレードアップ その⑤

<Automatic Scar Detection(自動瘢痕検知)>

ARTAS 9x は自動的に怪我の傷跡や以前植毛手術を受けた際の手術跡を自動認識します。
手術跡が更に目立ってしまうことがないように、手術跡はもちろんのこと、その周囲も毛髪を取りすぎないように計算して採取を行います。

  • 自動瘢痕検知
  • 自動瘢痕検知

傷跡を自動検知しています

Harvesting(毛を採る)のグレードアップ その⑥

< その他諸々細部がversion up >

ARTAS 9x はこれまでの旧式アルタスの問題点を一挙に改善して小さなパーツもかゆいところに手が届くバージョンアップとなりました。

  • ロボットヘッド内の調整がしやすくなったwindow
    ロボットヘッド内の調整がしやすくなったwindow
  • 採取時の快適性を高めたクッション
    採取時の快適性を高めた
    クッション
  • 操作性が高まったヘッドレスト
    操作性が高まった
    ヘッドレスト
  • 手際をよくする固定ハロー
    手際をよくする
    固定ハロー

SiteMaking(サイトメイキング)のグレードアップ

SiteMaking(穴をあける)のグレードアップ その①

<既存5,000グラフトを温存し、ショックロスを回避する>

ARTAS 9x でのサイトメイキングは、既存毛包を最大で5,000毛包温存できます。
手術後のリスクであるショックロスを大幅に回避することが可能です。

  • 自動瘢痕検知

SiteMaking(穴をあける)のグレードアップ その②

<マイクロスリットを作るブレードホルダー>

ARTAS 9x では症例に合わせたサイズのブレードでマイクロスリットをあけることも可能です。
サイトメイキングの選択肢が広まり、個々の患者様に合わせた穴あけが可能です。

ブレードホルダー
アルタス9x
ブレードとオリジナルブレードホルダー

SiteMaking(穴をあける)のグレードアップ その③

<Sagital & Coronal slit Option >

ARTAS 9x でのサイトメイキングでは、スリットの方向を縦、横、選択できるようになりました。
ケースバイケースでスリットの方向を選択することができます。

ブレードホルダー
アクセス
東京都中央区銀座4丁目3番6号
G4 BRICKS BLD. 5階
最寄駅:銀座駅B4出口 徒歩1分
詳しくはこちら