よくある質問

アルタスについて

どんな人が自毛植毛に向いてますか?
毛母細胞が死んでしまって、AGA治療薬の効果が得られない場合は、自毛植毛による治療となります。また、物理的に髪の毛(細胞)を移植するので、効果に個人差が出にくい治療です。したがって、シンプルで分かりやすい治療・結果を求める方に向いています。
自毛植毛のメリットは何ですか?
AGAの影響を受けない部分から元気な毛(グラフト)を移植しますので、定着すれば一生生え続ける点です。
頭全体に麻酔をするのですか?
頭全体ではなく、ドナー採取部と移植部のみに局所麻酔を行います。ルーチェオリジナルの麻酔カクテルと笑気麻酔を併用していきます。また一般的な注射で使用される注射針と違い、極細の注射針を使いますので、痛みは少ないです。
手作業によるドナー採取との違いは何ですか?
3D画像でロボットが毛の角度や密度を把握し、より正確にグラフトを採取するため手作業によるドナー採取と違い、施術者の技術が影響することはありません。そのため、手作業で20%と言われている切断率を6.6%まで下げることができ、大切な毛根を無駄にしません。
また、ロボットは疲れることがないので、短時間で正確にドナー採取ができます。短時間での正確なドナー採取は採取したグラフトへの負担軽減だけでなく、同一姿勢による患者さまの身体的な負担も軽減します。また、傷跡が目立たず手術後の痛みも少ないのです。
抜糸が必要でしょうか?
抜糸は不要です。ストリップ法のような縫合はありませんので抜糸は不要です。
既にストリップ法で植毛をしていますが、ARTAS2を受けることができるでしょうか?
できます。既に植毛を受けられている方でもARTAS2による植毛が可能です。2回目、3回目のストリップ法は、採取部位の皮膚緊張が強くなり、目立つ傷跡が残りやすくなります。ARTAS2ではそのような心配はないので、傷跡を心配することなく治療が可能です。
内服や注射など、他の治療を併用した方がよいのでしょうか?
併用した方がよいです。ARTAS2植毛の前も、また植毛後も治療を継続した方が効果が高まります。
植毛した毛は一度抜けると聞きましたが、、
はい、抜けます。一旦休止期に入るため抜けてしまいます。個人差がありますが、2~3か月後です。しかし毛根は残るので、そこから新たな毛が生え始め、6か月から1年程度で安定します。
女性もアルタスを受けられるでしょうか?
はい、受けられます。気になる薄毛部分にピンポイントで植毛が可能です。
毛を採取したところは毛は生え戻りますか?
戻りません。毛を採取したところにはもはや毛根がないので生えません。採取したところが目立たないよう、均一にムラなく採取することが重要です。

よくある質問一覧へ戻る

アクセス
東京都中央区銀座4丁目3番6号
G4 BRICKS BLD. 5階
最寄駅:銀座駅B4出口 徒歩1分
詳しくはこちら