社会貢献活動

医療法人社団光美会の社会貢献活動

社会貢献活動への考え

「人類・社会のHappyと発展に貢献する」が医療法人社団光美会の経営理念の一つになっております。当院にいらっしゃる患者様おひとりおひとりに全力でお応えすることが最重要の使命ですが、それと同時に美容医療の発展、 ひいては社会全体の発展に貢献したいと考えております。大それた目標ではありますが、クリニックグループというチームの力で一丸となれば、大きく貢献することができます。できることから少しずつ、日々の診療を超えてより広く社会の役に立つことができれば幸いです。

当院はジャパンハートを応援しています。

ジャパンハート

ジャパンハートとは

理念
『医療の届かないところへ医療を届ける』
活動略歴
2004年4月
代表である吉岡秀人(小児外科医)が国際医療奉仕団ジャパンハート(JAPAN HEART)を設立
ミャンマーのワチェ慈善病院て医療活動を開始。
2004年4月
代表である吉岡秀人(小児外科医)が国際医療奉仕団ジャパンハート(JAPAN HEART)を設立
ミャンマーのワチェ慈善病院て医療活動を開始。
2004年4月
代表である吉岡秀人(小児外科医)が国際医療奉仕団ジャパンハート(JAPAN HEART)を設立
ミャンマーのワチェ慈善病院て医療活動を開始。
理念
  1. 海外医療事業
    (ミャンマー・カンボジア・ラオスにて、医療・保健・教育分野での活動)
  2. 医療者の人材育成(長期看護・医師研修、短期ボランティアの受け入れなど)
  3. へき地・離島への医療者派遣(島根、長崎、山梨などへの医療従事者を派遣)
  4. すまいるスマイルプロジェクト (国内で小児がんを抱える子ども・家族の旅行を、医療者でサポートする活動)
  5. 東日本大震災復興支援事業(医療支援、心のケア、仮設住宅への健康相談など)
  6. 国際緊急救援活動(ASEAN圏内での大規模災害に対し、緊急支援活動を行う)

なぜジャパンハートを応援するのか?

現地の患者様を手術・看護等実際の医療行為を通して貢献できるからです。寄付にとどまらず直接医療行為を行います。ジャパンハートが活動する医療機関が不足している地区では、周辺の遠方から治療を受けに来る患者さんもたくさんいらっしゃるので、そこで私たちが培った技術を存分に発揮することで、より直接的な貢献ができると考えております。

アクセス
東京都中央区銀座4丁目3番6号
G4 BRICKS BLD. 5階
最寄駅:銀座駅B4出口 徒歩1分
詳しくはこちら